代表メッセージ

 株主の皆様におかれましては、平素より格別なるご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 第14回定時株主総会(9月26日開催)の招集ご通知をお届けするにあたり謹んでご挨拶申し上げます。

 当社は、主力のゲーム事業が順調に推移し、第2の柱として掲げた広告・メディア事業においても売上規模を拡大することができました。その結果、第14期(2017年7月1日から2018年6月30日まで)の連結業績は、売上高及び営業利益において6期ぶりに増収増益になりました。なお、当期純利益におきましては、前連結会計年度において子会社売却等に伴う特別利益及び税効果の影響があったため減少しております。

 ゲーム事業は既存モバイルゲームにおける運営強化が奏功したことや、有力パートナーと連携し海外展開が実現したこと、加えて新規のモバイルゲームを複数本リリースしたことで収益に貢献しました。また、第2の事業の柱である広告・メディア事業においては、メディアのユーザー基盤が順調に拡大することができました。規模の拡大に伴い、ブランド広告出稿への広告主の要望に応えるため、マーケティング効果の可視化・最大化するためのDMP(Data Management Platform)を手がけるクオント株式会社を子会社化し、アドテクノロジー領域の強化にも注力いたしました。

 第14期においては、ゲーム事業、広告・メディア事業に加え、新たな事業の柱とすべくライブエンターテインメント事業を積極的に展開していくことを決定し、株式会社Wright Flyer Live Entertainmentを設立いたしました。声優やタレントが3DCGキャラクターの外見をまとい演じるVTuberを発掘・育成・マネジメントし、動画番組を企画・制作・配信するプロダクション事業を開始しており、オリジナルのVTuberもデビューしています。今後は投資や新サービスであるVTuber専用動画配信アプリ「REALITY(リアリティ)」の提供を通じて、市場そのものの拡大と事業の拡大を図って参ります。

 当社では引き続き、「インターネットを通じて、世界をより良くする。」という想いをさまざまな事業や活動を通じて積極的に実現し、社会の発展、企業としての健全な成長を実現するべく挑戦を続けてまいります。今後のグリーにぜひご期待ください。

 株主の皆様におかれましては、今後も一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役会長兼社長 田中 良和

議決権を行使する