代表メッセージ

 株主の皆様におかれましては、平素より格別なるご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 第15回定時株主総会(9月25日開催)の招集ご通知をお届けするにあたり謹んでご挨拶申し上げます。

 当社は、主力のゲーム事業の拡大を目指すとともに、それに続く事業の柱として、広告・メディア事業、ライブエンターテインメント事業を成長させるべく積極的に取り組んでまいりました。しかしながら、従来のブラウザゲームの減衰が影響した結果、第15期(2018年7月1日から2019年6月30日まで)の連結業績は、売上高及び営業利益などで減収減益となりました。

 ゲーム事業は「エンジン×IP×グローバル」を戦略の軸として掲げており、オリジナルIPの育成及び有力IPタイトルの長期運営体制による収益の安定化を図るとともに、ジャパンアニメ市場が世界で拡大する流れに乗り、4タイトルの海外展開及び地域拡大を実現しました。広告・メディア事業においては、バーティカルメディアの強化のための投資を継続し、順調にメディアとしての規模を拡大しています。2018年に開始したライブエンターテインメント事業では、プラットフォーム事業、プロダクション事業を中心に事業の拡大を目指しています。特にVTuber専用ライブ視聴・配信アプリ「REALITY(リアリティ)」は、個人がスマートフォンだけで簡単にVTuberになって配信できる機能が追加され、コミュニティの輪が拡大しています。当社がSNS「GREE」などの開発運用で培ったコミュニティ活性化のノウハウや企画力を生かして、引き続き市場そのものの拡大と事業の拡大を図ってまいります。

 「インターネットを通じて、世界をより良くする。」というミッションを軸に事業を拡大していくとともに、社会の発展、企業としての健全な成長を実現するべく挑戦を続けてまいります。今後のグリーに引き続きご期待ください。

 株主の皆様におかれましては、今後も一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役会長兼社長 田中 良和

議決権を行使する